Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
暮しの手帖別冊 『これで よゆうの晩ごはん』
暮しの手帖別冊 『これで よゆうの晩ごはん』 (JUGEMレビュー »)

ヨシタケシンスケさんのイラストにも惹かれて…。これで晩ごはんづくりが余裕になるはず。
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES

ツメキリ文庫



LINKS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS

ツメキリ新聞

since 2004.3.28
「ツメキリ新聞」は 私の近況を知らせる手紙みたいなもの。
2泊3日九州旅行 プロローグ

生まれて初めて九州に行って来ました。

 

平均年齢42.5歳(特に平均出す必要ないのだが…)。

井田さん、沖元さん、大将、私の4人旅。珍道中の予感。

日程に始まり、行程、宿泊先等を決めるための九州旅行相談会と称して、井田邸でごはんを食べながら話すこと、3回。楽しかった。

4人の行きたいところを詰め込んだら、西へ東へとけっこうハードになったけれど、こんな機会でもないと旅立てなかったであろう。

 

少し続きます。

 

| my every day | 19:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
signalへ

宮島にある友人のお店signalへ行って来ました。
宮島へは1年ぶり。
江田島から宮島の裏側は見えているから直線距離では近いのに陸路では2時間位かかる遠い島、宮島。

今回は、島から、瀬戸内シーラインの1日フリーパス(¥3,300)で船を乗り継いで行ったのでかなりお得でした。

(参考→広島港 - 宮島:片道大人 ¥1,850 / 高田港(江田島) - 広島港:片道大人 ¥960)

ただ、島からだと、宮島への船の整理券をもらうのに、広島港へ降り立ってから、わざわざ港の窓口まで行かなくてはならないという面倒臭さ。同じ桟橋なのに…。

 

とても爽やかな秋晴れで、修学旅行生や遠足の生徒達で港前の広場はいっぱい。
町家通りをてくてく歩いてsignalへ。
「とっとり」展を開催中。くじらさんこと谷口恵美子さんの型染め手ぬぐい、工房ゆみはまの弓浜絣の名刺入れ、福田養蜂場のアカシアの蜂蜜を手に入れました。

signalでは、すいれんさんが旅で見つけて、良いと思った器や生活用品を中心に紹介されています。お店にいると表通りの喧騒がうそみたい。本当に素敵なお店です。


お昼ごはんはすいれんさんに教えてもらった、「天冨良津久根島」の穴子天丼。とっても美味しかったです。

厳島神社の大鳥居の前を歩いてみたり、千畳閣へ上がってみたり。
タムカイマで甘酒スイーツと金木犀の香りがする烏龍茶でまったり休憩して、15時の船に乗り込みました。
シャネルまつりもちょっと気になりつつ。

 

miyajima_1

miyajima_2

miyajima_3

miyajima_5

miyajima_6

| my every day | 19:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
梶川ゆう子 カレンダー展

SHAMROCKでの梶川ゆう子カレンダー展へ。

移転して初めてうかがいました。

秘密の小部屋のようなギャラリー。

カンポウチャRAIRAさんのウェルカムティーをいただきました。

<しみ、そばかすに>というのを選んだところ「すぐすぐにはきかないと思いますけど…」のことばに、カンポウチャRAIRAさんへの安心感がわき立ちました。

昨今、怪しげなものが跋扈しているではありませんか?

 

来年のカレンダーのテーマは「干支」。

絵の額の上に動物のフェーヴが飾られていたりと、細々とかわいいしかけが、そこ、かしこに。

 

来年のカレンダーが手に入りました。

| my every day | 19:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
アジア池へ

島の友人と「アジア池」にお昼ごはんを食べに行って来ました。

宇品が広島市の玄関口となる私にとっては、横川はなかなかに遠い。

今年の春、海友舎であった89のイベントに出店してくださったアジア池さんにとっても、江田島は遠かったであろう。アジア池さんが出店していた日は仕事があり、イベントのお手伝いもできず、お店の様子を見ることができなかったのだが、大将から、マンゴージュースがめちゃ美味しかった、何しろいい人やった〜と聞き、お土産に買って来てくれたタイ製の小さなメモ帳ときれいな羽根のついた遊ぶもの(インディアカ?違うよな…)をもらって、お店に行ってみたいなとずっと思っていた。

 

お昼ごはんの前に同じビルの1Fの「イリガン珈琲」でちょっとひと息。
チェリーパイも食べてしまう。
珈琲は濃い目とうす目を選べて、濃い目を選ぶ。
美味しかったので大将へのお土産に豆も買った。

 

階段を上がって2Fへ。扉を開けるとそこは極彩色な異国でした。

タイ・マッサマンカレーと、ドリンクはハス茶、デザートはトロピカルなラッシーアイス。野菜たっぷりでアジアなおかずがちょこちょこと。あー、どれを食べても美味しかった。ハス茶は自由にお湯を足して良くて、小さなポットがかわいい。香りが良く、とてもリラックスできるお茶でした。

 

偶然にも友人のkoukoさんとお会いした。1年ぶりよね〜と言われ驚いてしまう。
時の経つのが年々早くなる、本当に。
今度は十日町付近をウロつく予定。

 

ajiaike_1
ajiaike_2

ajiaike_3

| 食べて楽しむ。 | 18:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
マルセイユ石鹸ができた!

8月末に作ったマルセイユ石鹸ができあがりました!

まるでチーズか、きんつばか。

美味しそうです。

 

めぶらーなさんの石鹸は、余計なものが入っていないため溶けやすく、無印良品の「発砲ウレタン石けん置き」をおすすめされたので、早速買って来ました。使うのが楽しみです。

 

soap
 

| 作って楽しむ。 | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
小冊子『灯り』

大将が、小冊子『灯り』を作りました。ドローイングは音戸に逗留中の新潟出身の画家・井田英夫氏、詩は大将によるものです。
A6版16ページの手のひらに乗るほどの小さな冊子です。

大将が井田さんと意気投合して、こんな冊子を作りたい、と言い出してからいろいろあり、1年ほどかかってようやく出来上がりました!500部限定で刷って、大将が250部、井田さんが250部持っています。読むと何だかしみじみぐっとくるので、どこかで見かけたら、ぜひ手に取ってみてくださいね。

 

音戸の雑貨屋さんanneauの2Fでささやかな展示をしたい、と勝手に妄想中。持ち込んだわが家の小さなこたつの中から、横に大きなおっさんと、縦に大きなおっさんが「いらっしゃ〜い」と出迎える。おばあちゃんちにありそうな、カラフルなかぎ針編みのこたつカバーを編むつもりが間に合ってない。

 

lamp_1

 

lamp_2

 

lamp_3

| 読んで楽しむ。 | 16:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
「さつまいも専門店 てくてくさつまいも本舗」グランドオープン

teqteq
「さつまいも専門店 てくてくさつまいも本舗」グランドオープンのお祝いに行って来ました。

手づくりした紅はるかのかぶりもの(2代目)をプレゼントしました!

イベントでかぶってね〜(って持って行った自分がかぶってる)。

 

teqteq_2

写真はカタラーナをアレンジしたテクラーナ。持ち帰る直前にキャラメリゼしてくれるのでパリパリ。カスタードクリームと江田島産紅はるかペーストが二層になっています。新しい江田島手土産にいいかも!

他には、定番になりつつある紅はるかペースト入りの二重焼きてくてくや、おいもの大きさが選べる量り売りのスイートポテト、てくてくポテトパイ、もみぢ饅頭てくてくもありますよー。

お店は藤三大柿店駐車場敷地内にあります。

 

江田島てくてく計画(FBページ)

| 街でみつけたおきにいり。 | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
ウェディングパーティー at 海友舎

20181007

先日、海友舎で、ぐるP仲間のキャリさんと伊藤くんのウェディングパーティーが開催されました。

ぐるぐる海友舎プロジェクトで5年間一緒に活動してきたキャリさんが「海友舎でウェディングパーティーをやりたい」と言ってくれてから、キャリさんのアイデアを形にするべく、一緒にいろいろ準備をしてきたので感慨もひとしお。

テーマは「60年代イギリス」。チョキチョキ切って、60年代著名人の仮面を作ったり、新郎新婦との共同作業として、海友舎の壁を塗るために、下地や道具を準備したり。

 

心配していた台風25号も華麗に(?ドキドキでしたが…)かわし、当日はとってもいいお天気に。会場装飾やウェディングケーキ、司会やBGMも、友人やメンバーが手がけたハンドメイドなパーティーは本当に素敵でした!リッテンさんとむしやしないさんのお料理も美味しかった〜。

 

個人的には、ドレスコードの「60年代」が、和田アキ子か美川憲一か、って感じになってしまったのが不覚…。

ミニスカートのワンピースにカラータイツにすれば良かった〜。

 

bridge15_01

bridge15_02

 

2013年の冬に発行したBridge15号は、江田島海友舎の特集でした。

あれから5年後の2018年。今回、ウェディングパーティーを開催するにあたって、Bridge15号を特別に再発行することになりました。内容は当時と変わりませんが、巻末に大将による「そして、5年後の海友舎は」という文章が新たに。

1,000部増刷して、海友舎に設置しています。基本的にBridgeの再発行はないので、まだ読んだことのない人は、ぜひ海友舎を訪れてみてください。

 

ぐるぐる海友舎プロジェクト(FBページ)

 

| my every day | 18:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
もんぺ

突然ですが、もんぺを愛用しています。

股上が深くて、立ったり座ったり動きやすい。

掃除や庭仕事にはもってこい!

私は足首のゴムが痛いので抜いています。

ポケットは前って知ってた?

私のもんぺは『もんぺや』さん。

(ジュンテンドーで買うこともあり。)

大将のもんぺは『うなぎの寝床』さん。

ちょっと悔しいが値段が4倍ほど違う。

(大将のもんぺのほうが高い)

目標は自分でもんぺを縫うこと。

| 街でみつけたおきにいり。 | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
綿の栽培の記録 2018

友人のお母さんにいただいた綿の種を蒔いて、初めて綿を育てたのが去年。

プランター1個に6株育って、コットンボールが50個くらいできた。

今年はもっと育ててみようとプランター3個にしてみました。

去年取ったコットンボールから種を取り出し、水につけておきます。

3、4日してよーく見ると、芽らしき白いものがちょこっと出てくるので、2、3粒ずつくらい土に穴をあけてまきます。

種を水につけておく際には、水はこまめに替えましょう。

蒔き時は5月です。

去年は、綿の双葉をナメクジに食べられまくったので、置くタイプのナメクジ忌避剤をプランターのまわりに置いたところ無事にここまで育ちました。ここからの成長は緩やかですが、気長に。

育て方を調べると、酸性土壌を嫌うとありましたが、普通にお花の土で育てました。

ちょっと密に植えすぎたかな〜?

気がついたら、わさわさに!

花が咲きました!1日でしぼんでしまいますが、かわいい花です。

しぼむとピンク色に。

今年の夏はとても暑かったので水やりが大変でした。ちょっと葉っぱがしおれ気味…。

花のあとに青い実ができました。

この頃になると、実の重さや、台風の風で倒れてくるので支柱を立ててあげました。

はじけると中から綿がのぞきます。

9月末現在次々とはじけています。

今の時期は反対に雨が多いから困りもの。

晴れた日に、はじけたものから収穫しています。

今年はコットンボールでリースが作りたいです。

| 作って楽しむ。 | 14:00 | comments(0) | trackbacks(0) |