Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
暮しの手帖別冊 『これで よゆうの晩ごはん』
暮しの手帖別冊 『これで よゆうの晩ごはん』 (JUGEMレビュー »)

ヨシタケシンスケさんのイラストにも惹かれて…。これで晩ごはんづくりが余裕になるはず。
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES

ツメキリ文庫



LINKS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS

ツメキリ新聞

since 2004.3.28
「ツメキリ新聞」は 私の近況を知らせる手紙みたいなもの。
『猫とツメキリ』オープンしました。

2019年4月29日に呉市音戸町の古いアパートの一室に、友人の沖元さんと2人でアトリエ兼お店をオープンしました。

 

場所は、天仁庵さんの斜め前、お隣はAnneauさんです。

元は陶芸家の佐々木しずさんのアトリエだったところです。

家族や友人たちのおかげで何とかオープンまでたどり着くことができました。

 

『猫とツメキリ』という名前は、猫好きな沖元さんの『ailurophilia(アイルロフィリア)』(その名も英語で「猫好き」という意味)と、紙もの好きな私の『ツメキリ文具店』が合わさってできたもの。手づくり市やマルシェなどのイベントに2人で出店する際の屋号として使っていました。

 

このたび、縁あって音戸に念願の場所を得ることができました。
手を動かすことが好きな2人が作るアクセサリーやレターセットが並びます。

 

看板の文字は、新潟出身現在音戸逗留中の画家、井田英夫氏。
ショップカードのイラストは、広島在住のイラストレーター、梶川ゆう子さん。

 

音戸にお越しの際には、遊びにいらしてくださいね。

 

不定期営業なので、
営業日はこちらでお知らせします。
次の営業日は、5月11日(土)です。

 

『猫とツメキリ』

FBページ→

https://www.facebook.com/nekototsumekiri/

instagram→

https://www.instagram.com/nekototsumekiri/

 

よろしくお願いいたします。

 

nekototsumekiri

| 猫とツメキリ | 15:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
出張no89 in 江田島海友舎 笑顔 かもしだす 2日間 終了しました。

no89_2019_0419_6

両日ともいいお天気で良かったです。

屋久島の小屋カフェ『日と月と』さんのタンカンソーダが美味しかった!

タンカンも食べられます。

no89_2019_0419_2
ホームラン食堂さんのしみじみ美味しい漬けものバー(漬けものとおかゆとおみそ汁)は感動ものでした。

ホームラン食堂さんのごはんが江田島で食べられるとは思ってもみなかった。ありがたい。

no89_2019_0419_3

スタッフながら1日目の「発酵の時間」は堪能させていただきました! キムチの女王こと岡本優子さんの水キムチワークショップ(江田島産の野菜を使ったもの)は、試食させていただいた水キムチはもちろん、漬け汁も身体に沁みわたる美味しさで、出来上がりが楽しみです。来るべき夏野菜の季節に役に立ちそうです。

no89_2019_0419_4 no89_2019_0419_5

2日目は、丼2杯食べました!城沖屋さんの豚の角煮丼と、Isola Essentialsさんの江田島野菜のあんかけ丼。どちらもすっごく美味しかった。

no89_2019_0420_1 no89_2019_0420_2

こまごまと散財した〜。とっても楽しかったです。サコッシュは好きな柄を選んで自分で刷らせてもらいました。

アン・サリーは神の声。「満月の夕」が聴けて本当に良かった。

no89_2019_0420_4

イベントのフライヤーのイラストを描かれた梶川ゆう子さんが、なんと原画をぐるPに寄贈してくださいました!嬉し過ぎる!海友舎の宝物がまたひとつ増えました。どこに飾ろかな〜。

no89_2019_0420_3

 

| my every day | 17:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
出張no89 in 江田島海友舎 笑顔 かもしだす 2日間

2019_04_19no89_2019_2

 

いよいよ、今週末です!

4月19日(金)・20日(土)は江田島・海友舎へ!

 

両日共、ぐるPスタッフとしてお手伝いさせてもらうのですが、水キムチワークショップには参加させてもらおうと思っています。来るべき夏野菜の季節に役に立ちそう!

 

フライヤーのイラストは、大ファンの梶川ゆう子さんです(梶川さんも両日出店されます😍)。

 

遊びに来てね〜。

 

詳しい出店者さんの紹介は、下記のページをご覧ください。

 

→出張no89

https://m.facebook.com/shucchouno89/

 

→ぐるぐる海友舎プロジェクトからの告知

https://www.facebook.com/520092518003834/posts/2755680211111709?sfns=mo

 

 

 

| 掲示板 | 19:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
2019 桜の記録

今年の冬は暖かかったので、桜の開花も早いに違いないと島内の桜巡りをしてみたものの…。

しびれ峠の桜は…2分咲き?しかも強風で寒い〜。

呉湾の景色を眺めながらお弁当を食べている場合じゃないくらいの寒さ。

すぐに退散しました。

sakura2019_1

数日後、ウソみたいに暖かくなり、一気に咲き始めました。

sakura2019_2

sakura2019_3

2年ぶりに訪れた音戸の梵潮寺。

ひっそりと見事に咲いていました。

sakura2019_4

平日にもかかわらず、みんなでお花見できて良かった。

何回も取り直した集合写真。

sakura2019_5

倉橋の西蓮寺。やっぱり、お見事!

静かな境内にミツバチの羽音だけが響いていました。

sakura2019_6

海友舎の上の桜も美しかった。

メジロの鳴き声が響いていました。

江田島湾と海上自衛隊第一術科学校が望めます。

| my every day | 18:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
山椒魚へ

広島在住関西女子会と称して美味しいものを食べに行く会。久々に開催。

土橋の山椒魚へお邪魔しました。

あ〜、どのお料理も美味しかった!

付出しのクミン出汁のおひたしと、のどぐろのスパイシーアクアパッツァ、砂肝のコンフィ、水餃子、マサラポテサラ撮り忘れた。

帰り道ずっと身体がポッポポッポしてました。

普段の食事の中にもスパイスを取り入れてみたい。

 

sansyouo_01

蒸し鶏コリアンダーソース

sansyouo_02

モモ ネパール蒸し餃子スパイスソース

sansyouo_04

茄子と羊ひき肉、ひよこ豆の煮込み

sansyouo_03

野菜のサブジ盛り合わせ

 

後日、この日のメンバーから「今とこれからの話ばっかりなとこが気に入ってる。」と言われてとても嬉しかった。

| 食べて楽しむ。 | 19:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
綿のリース

ぐるP手芸部の日に、海友舎の庭とわが家で育った綿のリースを作りました。

形のいい綿を選んで、100均で買ったリースの土台にグルーガンでくっつけました。

なかなか、かわいい。

cotton2

cotton1

このあと、ほわほわの綿と種を分ける作業が待っています。

綿繰り機が欲しいです。

| 作って楽しむ。 | 19:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
2泊3日九州旅行 エピローグ

そして無事に島へ戻って来た。

今回の九州旅行、一番最初に行こうと話が出たのは1年以上前のこと。

いろいろあって、なかなか計画も立たず、このまま立ち消えになるかも?と思っていたけれど、実行できて本当に良かった。とても楽しかった。

 

車の運転は、井田さんと大将に任せっきりだった。おつかれさまでした。ありがとう。

 

この旅、図らずも旧い建物を生かしているところに多く立ち寄った。

どこもその場所らしい使われ方をしていて、良いなぁと思うところばかりだった。

旧い建物は使われてこそ。

| my every day | 21:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
2泊3日九州旅行 その3

11月24日(土)

 

旅の最終日は別府散策から。

 

朝風呂は宿のすぐ近くの春日温泉へ。熱くて気持ちいい!!

 

ロープウェーで標高1,375mの鶴見岳へ。

高い所は恐くないのだが、このワイヤーが切れて、落っこちちゃったら…というのが恐かった。そうなったらもう一蓮托生ですけどね。山頂駅からは別府市街と別府湾が見渡せて、寒かったけれどいい眺めでした。

kyusyu_1124_01

kyusyu_1124_02

別府公園で開催されていた「アニッシュ・カプーアIN別府」へ。アニッシュ・カプーアって、映画「ミッション:8ミニッツ」に出てくるシカゴにあるザ・ビーンの人か〜というのが分かった。

sky mirrorが素敵。雲一つない晴天の空を一瞬うらみました。夕焼け空が映り込むのも素敵だろう。

kyusyu_1124_03

kyusyu_1124_04

地獄めぐりへ。時間の関係で、竜巻地獄と血の池地獄の2つのみ。

地獄めぐりって古くさ〜いイメージだったのですが、建物も新しくなってアップデートされていた。

kyusyu_1124_05

kyusyu_1124_06

両親の新婚旅行が別府で、地獄めぐりの写真もあって、血の池はもっとふつふつと沸いていたような…。記憶違いだったのかな?

 

高速を途中下車し、道の駅ゆふいんで、きのこのおむすびと地鶏を焼いたのを買って、PAで山を眺めながら食べました。最高に美味しかった。

 

そして広島への帰路へついたのでした。

| my every day | 20:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
2泊3日九州旅行 その2

11月23日(金・祝)

 

久留米市内ツアー、ブラタモリならぬブラヒデオ。

 

井田さんが見ていた景色を私たちにも見せてくれました。

大きな木々に囲まれた水天宮。

中央分離帯に立ちすくむロダンのバルザック像。

ひろーい畑とカントリーエレベーター。

kyusyu_1123_01

MOONSTARの本社の売店は祝日休みで残念でした。

 

八女へ。

ずっと行ってみたかったうなぎの寝床へ。

”地域商社”であることがよくわかるお店。

これまでも長く使われてきたし、この先も長く使われていくようなものばかり。

これまであったものに新しい魅力をプラスしたものもたくさんありました。

ちゃんと選ばれているのが伝わってくるお店。

試着して念願の久留米絣のもんぺを買いました。ハギレも買ったので何か作りたいな。

 

八女は、町家が残っているには残っているが、空き家であろう建物も多く、個人で維持していく大変さが感じられる町並でした。

その中でのうなぎの寝床と寺崎邸の美しさはすごかった。

kyusyu_1123_02

別府へ。夜の大分自動車道はカーブやアップダウンが多くて恐い。

宿にチェックインして、明治12年創設の竹瓦温泉へ。

古くからある温泉はとても趣があるのだけれど、シャワー設備がないので体や髪を洗うのには大変苦労する、ということがわかった。新しめの温泉に入ってから行くことをおすすめします。

本当に町中のあちこちに温泉があることにびっくり。そして安い!

kyusyu_1123_03

kyusyu_1123_04

晩ごはんは美乃里へ。こぢんまりとアットホームなお店ながらとてもにぎわっていました。アジのお刺身が美味しかった。

 

旅手帖beppuが参考になりました。

| my every day | 20:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
2泊3日九州旅行 その1

2018年11月22日(木)

旅行の費用を抑えるため、博多まではJTBのこだま指定席きっぷで行くことに。

指定した便に乗り遅れてしまうと、他の便にも自由席にも乗れず、チケットがパーになってしまうため、早目、早目の行動を心がける。

 

博多でお昼ごはん。博多駅からちょっと歩いて老舗の「かろのうろん」へ。

肉とじうどんをいただきましたが、美味しかったです。

大将と沖元さんは明太子うどんを食べていました。

井田さんはごぼ天うどんを。

私の考えているごぼ天と、九州のごぼ天が異なることに気づきました。

ごぼ天とは、ごぼうのかき揚げであって、練り物ではないのですねー。

 

レンタカーに乗り込んで、一路長崎県の波佐見町へ。

16時閉店の15分程前に白山陶器本社のショールームに到着。

ぎりぎりでしたが見せていただくことができました。

結婚のお祝いにいただいたのに割ってしまった湯呑みや、はし置きなどを購入。30%OFFでした。

もっといろいろ欲しかったなあ。

建物が素敵でした!

kyusyu_1122_01

kyusyu_1122_11

kyusyu_1122_03

その後、旧波佐見町立中央小学校講堂兼公会堂を見学。

次の日のイベントの準備中で中を見学できなかったのが残念でしたが、今年、町による改修が終わったところだそうです。これだけ大きな木造の洋風建築が残っていて、使われていることに感動でした。屋根瓦もぴかぴかだったので全部葺き替えられたのだと思うけれど、一体いくらかかったんだろう…。

kyusyu_1122_06

kyusyu_1122_05

kyusyu_1122_04

そして西の原へ。

旧福幸製陶所の絵付け場や出荷場の建物の雰囲気を生かし、カフェや雑貨屋さん、グロッサリーなどになっていました。中庭も広くて、とても素敵な空間でした。

大分以前に島の外から来た人が、江田島にあるユウホウ能美工場が西の原に似ていると話していたので、西の原がずっと気になっていたが、当のユウホウは今はもう全て取り壊されて、がれきの山と更地になってしまった。大規模で大分傷んではいたけれど、とても雰囲気のある建築だったのはもちろんのこと、江田島の近代化遺産として貴重な建築群だったと思うのに、あっという間に全て取り壊されてしまったことが、残念でならない。跡地はオリーブ畑になるらしい。

kyusyu_1122_07

 

kyusyu_1122_10

kyusyu_1122_09

kyusyu_1122_08

 

とっぷり日も落ちた頃、嬉野温泉のシーボルトの湯に立ち寄り、久留米市へ。

井田さんが久留米市に住んでいたことがあり、その頃のお友達と合流して晩ごはん。

お友達が店長をしているお店で『酒と飯 しほうよし』。

何を食べても、何を呑んでも美味しいお店。お友達も井田さんと時の隔たりを感じていない様子で楽しい夜でした。

久留米の屋台を体験してみたかったのですが、いろいろな事情で閉まってしまったところが多く、行けなかったのが残念だったな。

| my every day | 19:30 | comments(0) | trackbacks(0) |